パークガイド

はるかな2000年前の田園風景の中を歩こう。

そこに広がるのは、いまから約2000年前の田園風景です。古人が暮らす茅ぶきの「住居」。日本の稲作の始まりを伝える「水田」と、収穫された稲を保管した「高床倉庫」。そして、豊穣の祈りを捧げた「祭殿」。その風景のなかを、ゆっくりと歩けば、時を超えて、弥生時代の人々の暮らしの息づかいが聞こえてきます。

+
-
登呂遺跡カテゴリトップ