登呂遺跡のあゆみ

日本考古学の新たな一歩が、ここから始まった。

国の特別史跡「登呂遺跡」。それは、日本の考古学にとって、また戦後の日本にとって、まさに「特別」な遺跡でした。登呂遺跡の発掘は、日本の歴史を神話から科学的な根拠に基づく史実で書き換え、戦後日本に新しい歴史観をもたらしました。また、弥生時代の稲作文化を証明し、敗戦に傷ついた日本人の文化的なアイデンティティの源泉ともなりました。それは、日本の考古学にとって新たな第一歩であるとともに、戦後日本の再生に向けた第一歩であったと言っても過言ではありません。

1943

昭和18年、軍需工場の建設中、弥生の集落跡を発見

昭和18年第1次調査発見時の状況

登呂遺跡が発見されたのは、太平洋戦争が行われていた昭和18年(1943)のことです。戦闘機のプロペラをつくるための軍需工場を建設する時に、土の中から土器や木製品などが偶然に見つかりました。戦争中だったため、短期間の簡単な発掘調査しか行われませんでしたが、住居や倉庫、水田の跡が土の跡に残っていることが分かり、土器、石器、木製品などが発掘されました。

1947

昭和22年から、本格的な発掘調査がスタート

昭和20年(1945)に戦争が終わると、昭和22年(1947)~25年(1950)にかけて、本格的な調査が開始されました。この発掘調査は、それまでの神話を元にした日本の歴史「皇国史観」を、科学的な方法で書き換えることでもありました。発掘調査には、考古学だけでなく、地理学、動植物学、建築学などの各分野の専門家が参加しました。また作業には研究者だけでなく、多くの学生や市民が参加し、「開放的な発掘調査」の手法がとられました。

調査の結果、12棟の住居、2棟の高床倉庫、8ヘクタールの水田跡が発見され、弥生時代後期(約2000年前)の稲作を中心とした集落(登呂ムラ)の姿が明らかになりました。昭和27年(1952)、日本の稲作文化が初めて証明された遺跡であり、戦後考古学の先駆けとなる遺跡であることが評価され、弥生時代の遺跡としては初めて、国の「特別史跡」に指定されました。昭和40年(1965)には、登呂遺跡の南側に東名高速道路が建設されることにともない、発掘調査を実施しました。これにより遺跡から南側のこの位置まで水田が広がっていることが分かりました。

1999

平成11年からの再発掘調査で新たな発見が相次ぐ

昭和の終わり頃から、九州・近畿・東北などの全国各地で弥生時代の遺跡の発掘調査がすすみ、その研究成果から弥生時代のムラの様子が明らかになってきました。そこで、平成11年(1999)~15年(2003)の5年間にわたり、登呂遺跡の再発掘調査が行われることとなりました。

調査の結果から、登呂遺跡は洪水による被害を受けながらも、弥生時代後期から古墳時代(1世紀~5世紀)まで続いた遺跡だったこと、住居や高床倉庫の他に祭殿が建てられていたこと、住まいの区域と水田の区域の境に水路がつくられていたこと、水田の大区画の中を小区画に分けていたことなど、新しい事実が明らかになりました。

登呂遺跡カテゴリトップ