4/18-5/31は臨時休館中です

ようこそ、日本人の主食の原点へ。

 

静岡市の歴史を紹介する「静岡市の歴史」シリーズ第2弾です。

現代の日本人の主食である「お米」。お米を作る稲作が大陸から日本各地へ広まったのは、弥生時代でした。静岡もその例外ではありません。静岡の弥生時代の遺跡には、お米づくりが行われた痕跡が多く残っています。では、実際にどのような道具で耕し、収穫し、調理していたのでしょうか。

この展示では、静岡市内の稲作跡が発見されている遺跡の出土遺物を中心に、お米づくりが広まった頃の人々の生活の様子を紹介します。教科書で歴史を学び始める小学生から家族で楽しめる企画展です。

企画展関連事業

メディア情報

「静岡市の歴史」シリーズ

開催期間 2020年3月20日(金)-2020年6月14日(日)
休館日 月曜日/祝日の翌日(3/21,5/4-5/6は開館)
開催時間 9:00-16:30
会 場 静岡市立登呂博物館 2階 特別・企画展示室
観覧料 一般300円、高・大学生200円、小・中学生50円