~そのカタチには理由がある~

弥生時代に始まった稲作の技術は、現代にいたるまで発達し、当時の農具類にその技術を見ることができます。近現代では、米の収量を増やし、作業を効率化させていくために多くの農機具が開発され、その一部は、民俗資料として収集・保存されてきました。

今回の展示では、静岡市内で利用されていた近現代の農具(民俗資料)を中心にコメ作りの作業の流れやその技術を紹介します。

開催期間 令和4年12月3日(土)~令和5年1月29日(日)
休館日 月曜日、祝日の翌日、年末年始(12/26(月)~1/3(火))
※1月9日(月祝)は開館
開催時間 9:00~16:30
観覧料 一般300円、高校・大学生200円、小・中学生50円