昨今、戦国武将に関連した日本刀が注目を浴びて、反りの見事な日本刀(湾刀)はメディアなどで数多く紹介されています。

それでは、日本刀の源流には、先史・古代に中国・朝鮮半島から伝わり、日本で広まった反りのない「直刀」があることをご存じでしょうか。古墳・奈良時代は戦いの道具としてだけでなく、権力者や豪族などの人物の墓に入れる副葬品としても直刀が使われ、権威の象徴にもなっていました。直刀がよく使われた古墳時代を中心に、武器、そして副葬品として用いられた「真っ直ぐな刀」の魅力に迫ります。

関連イベント

講演会「古代の直刀~鉄の文化 日本刀の原点を探る」

イベント「日本刀演武を見よう」

開催期間 令和4年1月8日(土)~令和4年2月27日(日)
休館日 月曜日(1/10除く)・祝日の翌日(2/12(土)は開館)
開催時間 9:00~16:30
会場 登呂博物館2階 特別・企画展示室
観覧料 一般300円、高校・大学生200円、小・中学生50円