6月2日(火)からの開館再開にあたり、登呂博物館では、以下のとおり新型コロナウイルス感染症対策を行っています。(令和2年7月19日現在)

ご理解ご協力をお願いします。

登呂博物館での対策

  • 博物館入口および館内の数か所に、手指消毒液を設置しています。
  • 博物館入口でのAI体温検知カメラを設置しています。(7月21日運用開始)
  • 受付・展示室・通路等への空気清浄機の設置をしています。
  • 見学者の展示資料への接触を伴う体験用展示を中止しています。(職員による実演への変更)
  • 飛沫感染対策(透明シート、マスク、フェイスシールドなど)を行っています。
  • 手すり、タッチパネルなどのように、多くの方が手を触れられる箇所は、消毒液などによる清掃を定期的に行っています。
  • 博物館職員の手指消毒、マスクの着用を徹底しています。

皆さまへのお願い

  • 発熱のある方、体調がすぐれない方は、入館をお控えください。
  • 入館時に利用記録表の記入をお願いします。(ただし、小学校見学等で来館者が特定できる場合は不要)
  • マスクの着用をお願いします。(博物館1階ミュージアムショップにてマスクの販売を行っています。)
  • マスクが無い方は、ハンカチ、タオル等を利用しての飛沫感染防止をお願いします。
  • 館内設備や展示物等に手を触れる際は、館内に設置している手指消毒液での消毒をお願いします。また定期的な手洗い、うがいをお願いします。
  • ご見学の際は、ほかの方との間隔を十分にあけてください。
  • 状況に応じて入館人数などを制限させていただく場合があります。
  • 団体見学の人数は、1団体あたり100人程度までとさせていただきます。
  • 団体見学をご予定の方は、必ず事前にご予約ください。ご予約が確認できない場合、当日の状況によっては、入館をお断りする可能性があります。

関連記事